読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とこてく京都

京都の御朱印めぐりや、お店めぐりなど。京都とこてく。どこへゆく。

一条戻橋、橋のたもとに咲く…早咲きの桜(からの…諸々^^;;)

その他

京都、一条通堀川にかかる橋「一条戻橋(いちじょうもどりばし)」にある早咲きの桜が……もう満開(゜o゜; 昨年、お届けした同じ場所の桜風景は3月22日に撮影したもの。今年はあったかいんだから^^;;…さらに早咲きなのでしょうか^^;;

tokoteku.hatenablog.jp

以下から今年撮影分です。曇り空だったため、少し写真が暗いです<(_ _)>

f:id:croissant-croissant:20160308190208j:plain

一条戻橋。

f:id:croissant-croissant:20160308190204j:plain

迫り来る…

f:id:croissant-croissant:20160308190206j:plain

桜! (^▽^)

f:id:croissant-croissant:20160308190205j:plain

桜!!! (*^o^*)

f:id:croissant-croissant:20160308190207j:plain

桜!!!!! (*^▽^*) うひゃぁ~満開!!!!! 美しい桜色、可憐です。

 

以下は随分前に撮影した「一条戻橋」の写真です。「一条戻橋」は「伝説の橋」といわれています。橋の名前の由来となっている伝説を紹介します。

f:id:croissant-croissant:20160308190209j:plain

f:id:croissant-croissant:20160308190210j:plain

上写真、案内板の説明に解説を加えています。

平安前期、文章(もんじょう)博士・三善清行(みよしきよつら)が死去。文章博士、簡単にいえば古代、大学で詩文、歴史を教えた先生です。

三善清行の息子さんで、紀州熊野の僧だった「浄蔵(じょうぞう)」(浄蔵貴所[じょうぞうきしょ]、スーパー法力の持ち主。以前、こちらの記事で少し紹介しました)が熊野から急ぎ京都に帰ると、父・清行の葬送の行列がちょうどこの橋の上を通っていたとか。

柩(ひつぎ)にすがり、泣き悲しむ浄蔵…。そして神仏に深く深く真心を込めて祈願したところ、何ということでしょう!

(゜o゜; (O_O) (゜Д゜)

父・清行は一時よみがえり、父と息子は話し語り合った…つまり「父が戻った!!!!!」という伝説から「戻橋」と名付けられたのだそうです。

このほかにも平安中期の武人・渡辺綱(わたなべのつな)が鬼に出会った、陰陽師安倍晴明式神(しきがみ:陰陽師の命令によって不思議なワザをなす精霊)を隠していた…といった伝説もあります。

 

ちなみに「一条戻橋」の程近くに「晴明神社」が鎮座しています。以下写真は「晴明神社」境内にある「旧・一條戻橋」(大正11年から平成7年まで使われていた欄干親柱を境内に移し、橋を再現)。橋の左に「式神」の石像があります。※以下写真も随分前に撮影。

f:id:croissant-croissant:20160308190211j:plain

f:id:croissant-croissant:20160308194530j:plain

こちらの写真もちょっと暗かった(T-T)

一条戻橋の桜を愛でる行き帰り、晴明神社に参拝してはいかがでしょうか。晴明神社の御朱印と御朱印帳は以下。

tokoteku.hatenablog.jp

さらに、一条戻橋の近くには「薩長同盟」が結ばれた可能性がある…といわれる「小松帯刀寓居参考地」の石碑があります。付近一帯は「応仁の乱」の洛中での最初の合戦地。

f:id:croissant-croissant:20160308202825j:plain

f:id:croissant-croissant:20160308202824j:plain

蜻蛉日記』の著者・藤原道綱母(ふじわらのみちつなのはは)が住んだ一条邸跡。

------------------------------------------------------------

早咲きの桜…の紹介のつもりが随分脱線してしまいました<(_ _)> 今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました(*^o^*)