とこてく京都

京都の御朱印めぐりや、お店めぐりなど。京都とこてく。どこへゆく。

至るところで“うさぎ”に出会える「岡崎神社」(京都市左京区)へ。プラス、御朱印

1月はじめ、至るところで「三猿」(見ざる、聞かざる、言わざる)に出会える「八坂庚申堂」(京都市東山区)の参拝記録をお届けしました。

今回は…“うさぎ”好きの方、必見です⁉︎ “うさぎ年”生まれの方も^^ 至るところで“うさぎ”に出会える「岡崎神社(おかざきじんじゃ)」(京都市左京区を紹介します。※写真が多いです。ご注意くださいm(__)m また岡崎神社の「崎」は正しくは右上が「立」です。

まずは岡崎神社の由緒から。その創建は延暦13年(794)。平安京遷都の際、桓武天皇平安京の四方に建立した王城守護のお社の一つ。御祭神は素盞嗚尊(すさのをのみこと)、奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)、八柱御子神(やはしらのみこがみ)。

治承2年(1178)、中宮のお産の奉幣(ほうへい:お供物)を賜ったことから安産の神様として、また方除けのお社として創建されたことから方除け、厄除けの神様として信仰されています。さらに岡崎神社の神使は「うさぎ」。その昔、境内一帯にうさぎが生息していたのだそうです。うさぎが多産であることから子授けの神様としても知られています。

[以上参考:境内駒札/授与所でいただいた由緒書き]

----------------------------------------------------------------

【境内風景】※以下は今年1月上旬に撮影したもの。一部、昨年撮影分。

f:id:croissant-croissant:20160129133719j:plain

f:id:croissant-croissant:20160129133720j:plain

うさぎは岡崎神社の神使。境内では至るところでうさぎに出会えます。

f:id:croissant-croissant:20160129133730j:plain

上の写真、赤い囲いのところに…

f:id:croissant-croissant:20160129133721j:plain

f:id:croissant-croissant:20160129133731j:plain

f:id:croissant-croissant:20160129144043j:plain

白とピンクのうさぎがいっぱい、並んでいます。何だか…セリフを付けたい気分になるのです^^;;(←どんなセリフ?)。そして本殿へ。

f:id:croissant-croissant:20160129133738j:plain

お参りしたのは1月上旬。

f:id:croissant-croissant:20160129133740j:plain

f:id:croissant-croissant:20160129133723j:plain

本殿の前には狛犬ならぬ…“狛うさぎ”! 「縁結び 夫婦和合」の狛うさぎです。夫婦和合、夫婦の仲が良くなるのですね。こちらは「阿(あ)形」、“雄うさぎ”なんですよ。口を「あ」と開けていますね。つぶらな瞳が愛くるしい♡

f:id:croissant-croissant:20160129144141j:plain

こちらは「吽(うん)形」の“雌うさぎ”です。口を「うん」と閉じていますね。“狛うさぎ”さんをなでて、縁結び、夫婦和合を祈願します。

f:id:croissant-croissant:20160129133728j:plain

狛うさぎはどの角度から見ても、そしていつ見てもかわいい♡

f:id:croissant-croissant:20160129133736j:plain

本殿。

f:id:croissant-croissant:20160129133726j:plain

f:id:croissant-croissant:20160129133733j:plain

金運 招き兎。

f:id:croissant-croissant:20160129133734j:plain

縁結び 招き兎。

f:id:croissant-croissant:20160129133737j:plain

「手水屋形(ちょうずやかた)」には「子授けうさぎ像」(写真中央、黒御影のうさぎ像)。案内板によると、

月を仰ぎ、力を体に満たしたうさぎです。子授け・安産を始め、各々のご祈願を祈り、うさぎに水を掛けてお腹をさすってお参りください。

f:id:croissant-croissant:20160129133722j:plain

昨年、京都では「琳派400年」を記念したイベントが行われました。能舞台の鏡板は、近代琳派の継承者といわれる日本画家・図案家、神坂雪佳(かみさかせっか)が描いたものといわれています。神坂雪佳は京都生まれ。ちなみに、京都市東山区にある「粟田神社(あわたじんじゃ)」の能舞台の鏡板も神坂雪佳が描いたものなのだそうです。

f:id:croissant-croissant:20160129133739j:plain

絵馬殿にある素盞嗚尊の絵馬! 凛々しい! 八岐大蛇を退治する場面ですね。写真だと小さくてわかりづらいですが、左手に八岐大蛇が描かれています。絵馬殿は少し奥まったところにあるので、ぜひ探して見てください。

f:id:croissant-croissant:20160129133732j:plain

こちらは昨年10月、七五三の時期に撮影したもの。子どものイラストがかわいくて、思わずパチリ☆

f:id:croissant-croissant:20160129133735j:plain

よいお参りでした。うさぎの愛らしさにふれて、心が和み、まぁるくなります♡

社務所では「うさぎ絵馬」「子授けうさぎ(黒うさぎ)」「うさぎ土鈴」「縁結び 夫婦和合 狛うさぎ」などが授与されています。うさぎ好きの方、うさぎ年生まれの方、もちろんそうでない方も!!! 訪れてみてくださいね♪

●岡崎神社へは…市バス「岡崎神社前」下車スグ。

----------------------------------------------------------------

【御朱印】

f:id:croissant-croissant:20160129142913j:plain

御朱印にもうさぎの朱印が施されます。都の東に位置するため、「東天王」という別名があるのだそう。おそらく「天王」は「牛頭天王」(のち素戔嗚尊と習合)の「天王」だと思われます。前述したように岡崎神社の御祭神は素盞嗚尊、奇稲田姫命、八柱御子神。

f:id:croissant-croissant:20160129143547j:plain

こちらは「京都十六社朱印めぐり」の御朱印。今年、元旦から2月15日まで実施されています。京都にある十六の古社をめぐります。私はすべてめぐり、参拝記念の干支置物をいただきました^-^

----------------------------------------------------------------

最後までご覧いただき、ありがとうございました。京都には動物に出会えるさまざまな寺社があります。なかなか紹介できていませんが、また機会があれば…^^; 皆様、素敵な週末をお過ごしください(^^)/~~~