読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とこてく京都

京都の御朱印めぐりや、お店めぐりなど。京都とこてく。どこへゆく。

紅葉を訪ねて。「永観堂」(京都市左京区)の紅葉風景(と御朱印)

御朱印(寺院)(京都) 寺社めぐり 御朱印 紅葉

師走、紅葉シーズンは終わってしまったかも?…。来年の紅葉めぐりの参考に…引き続き、紅葉の名刹を訪ねて。

今回は京都市左京区にある「永観堂(えいかんどう)」の紅葉風景をお届けします。「秋は紅葉の永観堂といわれる紅葉の名所です。

永観堂は浄土宗西山(せいざん)禅林寺派の総本山。山号は「聖衆来迎山(しょうじゅうらいごうさん)」。正しくは「無量寿禅林寺(むりょうじゅいんぜんりんじ)」。中興の祖・永観(ようかん)律師にちなんで、「永観堂」と呼ばれています。

御本尊は「みかえり阿弥陀」として知られる阿弥陀如来。ナゼ、“みかえり”なのか?については案内板から引用します(※以下、漢数字は英数字に直しています。[ ]内は当方による説明付加)。

平安後期の1082年2月15日未明、念仏を唱えながら本堂を歩く修行をしていた永観[ようかん:上述の中興の祖]の前に、本尊の阿弥陀如来が一緒に加わった。夢ではないかと立ち止まる永観に、阿弥陀如来は後ろを振り返り「永観、遅し」と発したと伝えられる。その姿を仏像にした「阿弥陀如来立像」(重要文化財)は、首を左に向けて微笑(ほほえ)みを湛(たた)える珍しい逸品で、「みかえり阿弥陀」として親しまれる。

説明にあるように、永観堂では本当に首を左に向けて振り返った、“みかえり”姿の阿弥陀如来立像を拝観することができます。案内板を見ていて思ったのですが、2月15日という日付までわかっているなんてすごい(驚)!!!

▼さてさて、「秋は紅葉の永観堂」! 「総門」をくぐり「中門」横の拝観受付へ向かいましょう。

f:id:croissant-croissant:20151130151238j:plain

右にほんの少し見えているのが「中門」。写真には写っていませんが、たっくさんの人々でにぎわっています。

f:id:croissant-croissant:20151130151239j:plain

中門へ向かう途中。白壁と紅葉のコントラストに心奪われる。

f:id:croissant-croissant:20151130151240j:plain

中門をくぐり、「夢庵」(高台にある東屋)へ。「夢庵」から「放生池」「弁天島」「錦雲橋」を望む。

f:id:croissant-croissant:20151130151300j:plain

「大玄関」をくぐり、「古方丈」「釈迦堂」といった建物内部を拝観。貴重な寺宝の数々を見ることができます。

f:id:croissant-croissant:20151130151241j:plain

「古方丈」前の庭園。

f:id:croissant-croissant:20151130151242j:plain

「釈迦堂」前庭には市松模様の盛砂。盛砂は小判型に盛られている。盛砂の奥に「唐門」(勅使門)。

f:id:croissant-croissant:20151130153434j:plain

“おぼろ紅葉”あるいは“透かし紅葉”。唐門の奥におぼろげに紅葉が見える、あるいは、唐門から紅葉を透かし見られることから勝手に命名m(_ _)m 以降、至るところに紅葉、紅葉、紅葉!!! まるで紅葉のシャワーを浴びているかのよう^-^/

f:id:croissant-croissant:20151130151243j:plain

f:id:croissant-croissant:20151130151244j:plain

f:id:croissant-croissant:20151130151245j:plain

f:id:croissant-croissant:20151130151246j:plain

f:id:croissant-croissant:20151130151247j:plain

f:id:croissant-croissant:20151130151258j:plain

f:id:croissant-croissant:20151130151253j:plain

f:id:croissant-croissant:20151130151254j:plain

写真、中央に(小さく)「多宝塔」が見える。

f:id:croissant-croissant:20151130151248j:plain

多宝塔からの眺め。永観堂の境内は紅葉で埋め尽くされている。

f:id:croissant-croissant:20151130151249j:plain

上に同じく、多宝塔から紅葉に埋め尽くされた境内を見る。

f:id:croissant-croissant:20151130151250j:plain

f:id:croissant-croissant:20151130151255j:plain

一面、黄色。銀杏の絨毯。

f:id:croissant-croissant:20151130151301j:plain

紅葉に囲まれてひと休み。

f:id:croissant-croissant:20151130151256j:plain

f:id:croissant-croissant:20151130151257j:plain

みたらし団子と茶団子をいただきました^^

f:id:croissant-croissant:20151130151252j:plain

さざんかと紅葉の競演。

f:id:croissant-croissant:20151130151251j:plain

麗しい。

f:id:croissant-croissant:20151130151259j:plain

句言を胸に境内を後にしました。美景をありがとうございましたm(_ _)m

----------------------------------------------------------------

【御朱印、御朱印帳

f:id:croissant-croissant:20151130152108j:plain

御本尊・阿弥陀如来(みかえり阿弥陀)。「顧阿弥陀如来」とあります。中央上部には「顧」の朱印が施されています。

f:id:croissant-croissant:20151130152109j:plain

法然上人二十五霊場。縁故本山。※(写真は掲載していませんが)「法然上人二十五霊場」の専用御朱印帳は「金戒光明寺」(札番第24番)で購入しました。

永観堂のオリジナル御朱印帳は以下をご覧ください。私は“紅葉めぐり専用御朱印帳”として持ち歩いています。

tokoteku.hatenablog.jp

----------------------------------------------------------------

★メモ★

ご存じの方も多いと思いますが、紅葉の季節、永観堂はかなり混み合います(週末は特に!)。紅葉の季節の拝観料は1000円です。1000円以上の価値はあります!!! 寺宝は見られますし、美しい紅葉も愛でられますし、ゆっくりじっくり散策していると、半日はあっという間に過ぎます^^ 今度はまばゆい緑を愛でに春、夏に訪ねてみたいナ^ - ^