読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とこてく京都

京都の御朱印めぐりや、お店めぐりなど。京都とこてく。どこへゆく。

祇園祭~後祭 山鉾巡行 その2/鯉山~大船鉾

祗園祭

すでに葉月に入りましたが^^;; 去る7月24日に行われた「八坂神社」(京都市東山区)の祭礼「祇園祭」の「後祭 山鉾巡行(あとまつり やまほこじゅんこう)」の模様をお届けします。今回は第2弾、「鯉山(こいやま)」から「大船鉾(おおふねほこ)」まで4基の巡行風景です。

※第1弾は右記をご覧ください(祇園祭~後祭 山鉾巡行 その1/橋弁慶山~南観音山 - とこてく京都)。

(注)いろいろな地点で撮影した写真を巡行順に掲載しています。掲載写真が多くなりますm(_ _)m

■鯉山(こいやま)------------------------------------------------------------------

f:id:croissant-croissant:20150728154924j:plain

「登龍門」(立身出世の関門)で知られる、中国黄河の急流、龍門(りゅうもん)の滝を登り切った鯉は龍になるという中国の故事にちなんだ山。山の奥(写真右側に少し見えている緑の覆いの部分)には祠があり、素戔嗚尊がお祀りされています。

f:id:croissant-croissant:20150728154923j:plain

鯉山の巡行の様子。

f:id:croissant-croissant:20150728154929j:plain

山を飾るタペストリーは、16世紀にベルギーブリュッセルで製作された「イーリアス」の一場面を描いたものなのだとか。1枚のタペストリーが裁断され、前懸(まえかけ)、胴懸(どうかけ)、水引(みずひき)、見送(みおくり)といった懸装品(けそうひん)に用いられています。※巡行時には復元新調品が飾られています。

■黒主山(くろぬしやま)---------------------------------------------------------------

f:id:croissant-croissant:20150728154925j:plain

謡曲「志賀」にちなんだ山。桜花を眺めているのは黒主山の御神体(人形)、六歌仙の一人である大伴黒主(おおとものくろぬし)。写真ではちょっとわかりづらいかもしれませんが、大伴黒主は朱傘の下に居ます。

f:id:croissant-croissant:20150728154919j:plain

こちらは黒主山の会所風景。中央に大伴黒主が安置されています。

f:id:croissant-croissant:20150728154930j:plain

再び、黒主山、巡行の様子。この写真では大伴黒主が桜を仰ぎ見ている様子がわかります。

f:id:croissant-croissant:20150728154931j:plain

南観音山、鯉山、黒主山が順に河原町通をゆく。

■浄妙山(じょうみょうやま)---------------------------------------------------

f:id:croissant-croissant:20150728154920j:plain

浄妙山は、平家物語「橋合戦」に由来。浄妙山の駒札によると(※以下、漢数字は英数字に直しています)……

治承4(1180)の宇治川での源平合戦に、源氏方で三井寺(みいでら)の僧兵筒井浄妙(つついじょうみょう)が橋桁を渡り奮戦していたところ、一来法師(いちらいほうし)が頭上を飛び越え、「悪(あ)しゅう候(そうろう)、御免(ごめん)あれ」と先陣を取ってしまったという、その瞬間の情景を2体の御神体(人形)を組み合わせることにより表現している。

……つまり「筒井浄妙と一来法師の先陣争いの瞬間!!!」をカタチにしたものなのですね。

その瞬間を以下、ご覧あれ!!!

f:id:croissant-croissant:20150728154921j:plain

一来法師(写真左上)は筒井浄妙(中央)の頭上を飛び越えていく!!!

f:id:croissant-croissant:20150728154918j:plain

こちらは浄妙山の会所風景。巡行時には、写真中央から左側に安置されている2体の御神体人形(一来法師と筒井浄妙)、そして写真右側、たくさんの矢が突き刺さった黒漆塗の橋などが組み合わされていることがわかります。

f:id:croissant-croissant:20150728154922j:plain

再び、浄妙山、巡行の様子。橋にはたくさんの矢が突き刺さり、激戦の模様が表されています。

■大船鉾(おおふねほこ)-----------------------------------------------------------

f:id:croissant-croissant:20150728154926j:plain

いよいよ後祭巡行の最後を飾る大船鉾の登場です!!! 御神体は神功皇后。大船鉾は「蛤御門(はまぐりごもん)の変(禁門の変)」にともなって起こった「元治の大火」によって焼失。その後、昨年150年ぶりに復興されました。舳先(へさき)の飾りである「大金幣(だいきんぺい)」が輝いています☆

f:id:croissant-croissant:20150728154927j:plain

大船鉾の音頭取り。凛々しい。

f:id:croissant-croissant:20150728154928j:plain

大船鉾の楫(かじ)。龍の刺繍が見事。

f:id:croissant-croissant:20150728154932j:plain

写真中央に注目。辻回しの青竹が並べられています。

f:id:croissant-croissant:20150728154933j:plain

青竹に向かって大船鉾、前進!!!

f:id:croissant-croissant:20150728154934j:plain

f:id:croissant-croissant:20150728154935j:plain

大船鉾、辻回し。

f:id:croissant-croissant:20150728161409j:plain

後祭巡行の後、「花傘巡行」が行われました。花傘巡行の模様は次回紹介したいと思います。すでに祇園祭は終わりましたが…お付き合いくださいませm(_ _)m

★花傘巡行につづく……