読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とこてく京都

京都の御朱印めぐりや、お店めぐりなど。京都とこてく。どこへゆく。

祇園祭~後祭 山鉾巡行 その1/橋弁慶山~南観音山

去る7月24日、「八坂神社」(京都市東山区)の祭礼「祇園祭」の「後祭 山鉾巡行(あとまつり やまほこじゅんこう)」が行われました。

後祭巡行で登場する山鉾は全10基。先に紹介したように「前祭(さきまつり) 山鉾巡行」は雨天でしたが、後祭巡行は快晴に恵まれました。ただし…猛暑でした^^;; が、お天気の中、山鉾を飾る豪華な懸装品(けそうひん)が映えに映えていました!!!

今回は第1弾として「橋弁慶山(はしべんけいやま)」から「南観音山(みなみかんのんやま)」まで6基の巡行の模様をお届けします。

(注)いろいろな地点で撮影した写真を巡行順に掲載しています。掲載写真が多くなりますm(_ _)m

■橋弁慶山(はしべんけいやま)-----------------------------------------------------

f:id:croissant-croissant:20150727192037j:plain

橋弁慶山の題材は、謡曲「橋弁慶」。御神体は弁慶(左)と牛若丸(右)。五条大橋の上で戦う弁慶と牛若丸の様子が表されています。牛若丸はナント!!! 欄干の擬宝珠(ぎぼし)の上に高下駄の前歯1本で立っているそうです。何ともアクロバティック!!!

f:id:croissant-croissant:20150727202227j:plain

牛若丸は左足、高下駄の前歯1本で立っています。右足を曲げ、右手に太刀を持っています。軽やか!!!

f:id:croissant-croissant:20150727192028j:plain

上は後祭 宵山の折「橋弁慶山」の会所で撮影した御神体人形、弁慶(左)と牛若丸(右)。さらに……

f:id:croissant-croissant:20150727192029j:plain

同じく、橋弁慶山の会所で撮影した黒漆塗の橋。ツルッツル☆ピカッピカ☆ 巡行時には、会所に安置されている御神体人形をはじめ、こちらの橋などが組み合わされるのですね。

f:id:croissant-croissant:20150727192036j:plain

再び、橋弁慶山、巡行の様子。

■北観音山(きたかんのんやま)-----------------------------------------------------

f:id:croissant-croissant:20150728122449j:plain

北観音山は楊柳観音(ようりゅうかんのん)像と、韋駄天(いだてん)像を安置する曳山(ひきやま)。下水引(一番水引)は「関帝祭の図」(テーマは、中国・三国時代の武将である関羽の生誕を祝う行列)なのだそう。

f:id:croissant-croissant:20150728123848j:plain

上写真は山建ての際に撮影。下水引は「関帝祭の図」。

f:id:croissant-croissant:20150728123849j:plain

上写真は山建ての際に撮影。「木彫雲鶴」(片岡友輔[かたおかゆうほ]作)。

f:id:croissant-croissant:20150727192038j:plain

再び、北観音山、巡行の様子。

f:id:croissant-croissant:20150727192044j:plain

北観音山、辻回しの後、都大路を練り歩く。写真ではちょっとわかりづらいですが、北観音山は巡行時、柳の枝を差し出している。

役行者山(えんのぎょうじゃやま)------------------------------------------

f:id:croissant-croissant:20150727192034j:plain

御神体は、修験道の祖である役行者をはじめ、一言主神(ひとことぬしのかみ)[写真左]、葛城神(かつらぎのかみ)[写真右]。葛城神は手に「輪宝(りんぽう)」を持つ。※中央の祠(ほこら)に役行者が座っているのですが、上の写真には写っていませんm(_ _)m

f:id:croissant-croissant:20150727192039j:plain

再び、役行者山、巡行の様子。

f:id:croissant-croissant:20150727192045j:plain

役行者山を先導する山伏。向こうに北観音山が見える。

八幡山(はちまんやま)-----------------------------------------------

f:id:croissant-croissant:20150727192040j:plain

町内に祀られている八幡宮を山の上に勧請。

f:id:croissant-croissant:20150727192041j:plain

鳥居の奥に見える祠は総金箔!!! 江戸後期の天明年間に製作されたといわれています。御神体は応神天皇。朱塗りの鳥居には「鳩」がとまっています。雌雄一対、向かい合っている鳩は「夫婦和合」のしるしなのだそうです。(注)鳥居をよ~~~く見ると、「鳩」がとまっているのがわかります。

f:id:croissant-croissant:20150727192030j:plain

上は八幡山の会所にて撮影。写真右は、八幡山の朱塗りの鳥居に飾られていた左甚五郎(ひだりじんごろう)(江戸期の建築彫刻の名人)作と伝わる「鳩」。写真左、復元新調された「鳩」。

鈴鹿山(すずかやま)------------------------------------------------------------

f:id:croissant-croissant:20150727192033j:plain

御神体は瀬織津姫神(せおりつひめのかみ)。金の烏帽子をかぶり、手に大長刀を持っています。

f:id:croissant-croissant:20150728125116j:plain

鈴鹿山の見送(みおくり)は「染彩ハワイの蘭花」(皆川月華[みながわげっか]作)。

■南観音山(みなみかんのんやま)------------------------------------------

f:id:croissant-croissant:20150727192031j:plain

南観音山は楊柳観音像と、善財童子(ぜんざいどうじ)祀る曳山。

f:id:croissant-croissant:20150727192032j:plain

下水引は「飛天奏楽」(加山又造 原画)。

f:id:croissant-croissant:20150727192042j:plain

見送(みおくり)は「龍王海渡(りゅうおうとかい)」(加山又造 原画)。右側に少し見えているのは、柳の枝。

f:id:croissant-croissant:20150727192047j:plain

南観音山の辻回し。

★その2につづく……