とこてく京都

京都の御朱印めぐりや、お店めぐりなど。京都とこてく。どこへゆく。

開基は聖徳太子。「六角堂(頂法寺)」(京都市中京区)の御朱印、境内風景

先日は「六角堂(ろっかくどう)」京都市中京区)でしか買えない「へそ石餅」を紹介しました。今回は六角堂の御朱印、境内風景をお届けします。六角堂の山号は「紫雲山(しうんざん)」、寺号は「頂法寺(ちょうほうじ)」。聖徳太子による創建と伝えられています。

【御朱印】 ※以前いただいた御朱印も含みます。

f:id:croissant-croissant:20150623222142j:plain

西国三十三所

f:id:croissant-croissant:20150623222143j:plain

西国三十三所 御詠歌「わが思う 心のうちは 六の角 ただ円かれと 祈るなりけり」。

f:id:croissant-croissant:20150623224401j:plain

洛陽三十三所 ※「洛陽三十三所観音巡礼」では今年「再興十周年」を記念した御朱印(左上)が押印されます。再興十周年記念御朱印は全5種類あるようです。

f:id:croissant-croissant:20150623222445j:plain

通称寺

f:id:croissant-croissant:20150623222141j:plain

聖徳太子御遺跡霊場 ※中央の朱印は「へそ石」(王城ノ中心)、そして六角堂のシンボル「鳩」。

【境内風景】

f:id:croissant-croissant:20150617220926j:plain

「鐘楼堂」。豊臣秀吉に仕えた堀尾吉晴(よしはる)の嫡男・忠氏(ただうじ)によって寄進された。現存する鐘は再鋳復元されたもの。

f:id:croissant-croissant:20150617220927j:plain

「山門」。市内中心部を東西に走る通り「六角通(ろっかくどおり)」(約3.3km)に面しています。「六角通」は「六角堂」にちなんだ通り名。 

f:id:croissant-croissant:20150624115307j:plain

f:id:croissant-croissant:20150617220929j:plain

「本堂」。六角堂の寺号は「頂法寺」。御本尊は、聖徳太子の持仏といわれる如意輪観世音菩薩(秘仏)。

f:id:croissant-croissant:20150624115308j:plain

f:id:croissant-croissant:20150623222838j:plain

 本堂前の「大香炉」。大香炉を支えているのは「邪鬼」。みずから進んで大香炉を背中に乗せているそうです(参考:六角堂公式ホームページ)。

f:id:croissant-croissant:20150617220930j:plain

「縁むすびの柳」。2本の柳の枝におみくじを結んでお願いをすると良縁に恵まれるのだそう。

f:id:croissant-croissant:20150617220928j:plain

六角堂のシンボル「鳩」(バッチリ、カメラ目線)。背後には「縁むすびの柳」。

f:id:croissant-croissant:20150617220936j:plain

十六羅漢」の界隈にはやさしい空気が流れている。ほわわわ~~~ん。見ているとチカラが抜ける、心が安らぐ、おだやかな表情です^^

f:id:croissant-croissant:20150617220933j:plain

太子堂」と「聖徳太子沐浴の古跡」。

f:id:croissant-croissant:20150617220932j:plain

あ、白鳥!!!(鯉もいます)。

f:id:croissant-croissant:20150617220931j:plain

f:id:croissant-croissant:20150617220925j:plain

今年の春と夏、同じ風景を見比べてみました。

f:id:croissant-croissant:20150617220934j:plain

「売店」の一角。「いけぇ~~~い!!!」とセリフをつけたくなったお人形さん(^^)…が、います。

★以上、六角堂の境内風景でした。以下は今年の六角堂の「桜風景」、そして前回お届けした「へそ石餅」の記事です。

tokoteku.hatenablog.jp

tokoteku.hatenablog.jp