とこてく京都

京都の御朱印めぐりや、お店めぐりなど。京都とこてく。どこへゆく。

金運、良縁、厄除、学芸の神様「車折神社」(京都市右京区)の御朱印

車折神社(くるまざきじんじゃ)」(京都市右京区の御朱印を紹介します。御祭神は平安後期の儒学者清原頼業(きよはらのよりなり)公。金運、良縁、厄除、学芸の神様として信仰されています。その社号の由来は後嵯峨天皇が嵐山・大堰川(おおいがわ)行幸のため、牛車に乗って社前を通ろうとした時、牛が動かず牛車の轅(ながえ)が折れたことから車折神社と称されるようになったのだとか。境内にはパワースポットとして有名な「清めの社」や、芸能・芸術分野で活動する人々から信仰されている「芸能神社」があります。

【御朱印】

f:id:croissant-croissant:20150402151738j:plain

f:id:croissant-croissant:20150402151739j:plain

車折神社は神仏霊場第91番の古社。上は今年参拝時に頂戴した御朱印。下は以前頂戴したもの。

【境内風景】

f:id:croissant-croissant:20150401222443j:plain

京福電車(嵐電)「車折神社」駅下車すぐ。裏参道の鳥居前にある狛犬。まるで笑っているかのような愛嬌のある表情です。

f:id:croissant-croissant:20150402162303j:plain

向かいの狛犬も満面の笑み(もはや笑顔とさせていただきます^^;)。笑顔を見ていると、こちらも楽しくなってきます。

f:id:croissant-croissant:20150401222445j:plain

f:id:croissant-croissant:20150401222446j:plain

「中門」に掲げられた「洗心」という言葉が印象的。

f:id:croissant-croissant:20150401222450j:plain

「手水舎」。何だか異国情緒を感じます。

f:id:croissant-croissant:20150401222449j:plain

f:id:croissant-croissant:20150401222453j:plain

「手水舎」前の松。生命力を感じる見事な枝ぶり。松の葉もフッサフッサ、なのであります。

f:id:croissant-croissant:20150401222451j:plain

「東回廊」の灯籠。

f:id:croissant-croissant:20150401222452j:plain

「拝殿」前の鳥居。

f:id:croissant-croissant:20150401222454j:plain

桜の奥に見えるのは「中門」。

f:id:croissant-croissant:20150401222448j:plain

境内末社芸能神社」。御祭神は芸能道の祖神・天宇受売命(あめのうずめのみこと)。芸能、芸術、技芸、人気運の神様として信仰されています。(写真には写っていませんが)当日、多くの参拝者でにぎわっていました。芸能神社の周囲には芸能人から奉納された“朱塗りの玉垣”がズラリと並んでいます。

f:id:croissant-croissant:20150401222444j:plain

桜の奥に見えるのが「芸能神社」。

f:id:croissant-croissant:20150401222455j:plain

境内末社「清めの社」。悪運を浄化、心身を清めるパワースポットとして知られています。願い事をかなえる「祈念神石(きねんしんせき)」を社務所で授かる前に参拝します。参拝手順は境内で案内されています。

f:id:croissant-croissant:20150401222456j:plain

f:id:croissant-croissant:20150401222457j:plain

表参道の鳥居から千木が見える。

★以下、車折神社の桜風景です。

tokoteku.hatenablog.jp