読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とこてく京都

京都の御朱印めぐりや、お店めぐりなど。京都とこてく。どこへゆく。

「東福寺」(京都市東山区)の「涅槃会」へ(2)~涅槃会で授与される「花供御(はなくそ)」

「東福寺」(京都市東山区)の「涅槃会」へ(1)に続き、パートツーです。参拝当日、涅槃会の期間、特別に授与されている「花供御(はなくそ)」を購入。「えっ!!!」と思わず耳を疑ってしまうユニークな読み方ですが^^;; 本当に「花供御」=「はなくそ」と読むのです。

f:id:croissant-croissant:20150323193625j:plain

f:id:croissant-croissant:20150323193943j:plain

袋には何が入っているのかな? ワクワクしながら封を開けてみると…おいしそうな「あられ」が入っていました。

当日頂戴した由緒書き「東福寺『花供御』の由来」によると、花供御は「お正月、御本尊に供えられた鏡餅のお下がりを小さく刻んで焼いたあられ」なのだそう。そのルーツは仏前のお供え「花供御(はなくご)」にあるらしく、「はなくご」というその“音”とあられのカタチから「お釈迦様の鼻クソ」と揶揄されるようになり、「花供御(はなくそ)」になったのだとか。花供御(はなくご)→あられ→(ん?似てるかも!?)→お釈迦様の…とは大胆発想ですね! とても面白い由来です(^.^) 

花供御を毎年授かると長病をしないと伝えられています。無病息災を願ってありがたくいただました。

f:id:croissant-croissant:20150323193626j:plain

袋を開けて…

f:id:croissant-croissant:20150323193624j:plain

お皿に盛る。

お味は?というと、ほんのりお醤油味、素材そのもののナチュラルな甘みが楽しめる本当においしいあられでした♪ 「もう一袋買えばよかった!」と思うくらい。ウチで家族と一緒に「はなくそ、おいしい!」(^o^)と笑いながら賞味。考えてみるに…こうやって家族と笑いながら食べるのが無病息災につながるのかもしれませんネ。

▼パートワン(御朱印、御朱印帳、境内風景)はこちら。

tokoteku.hatenablog.jp