読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とこてく京都

京都の御朱印めぐりや、お店めぐりなど。京都とこてく。どこへゆく。

祗園祭、八坂神社の「厄除ちまき」

祗園祭

今日は祗園祭の前祭(さきまつり)山鉾巡行が行われました。

以下は今年前祭の宵山が行われる前、八坂神社の御旅所で購入した「厄除ちまき」です。粽(ちまき)といっても食べる粽!?ではありません。一年間、疫病災難除けを祈願して玄関先などに吊しておく(飾っておく)お守りです。わが家ではその年、その年で違う山鉾の粽を購入し、取り替えることにしています。「今年はどの山鉾の粽を買おうかな?」といった“粽選び”も祗園祭の楽しみ方の一つかも!? 以前「黒主山」(くろぬしやま)で購入した粽は「泥棒除け」の粽でした。今年は八坂神社の粽を購入しました。21日~23日は後祭(あとまつり)の宵山。「京都新聞」の記事にあるように今年は「後(あと)と前(さき)」…後祭の粽も購入しようかな。

祇園祭の宵山、今年から様変わり 後祭、静かに風情味わえる : 京都新聞

f:id:croissant-croissant:20140716182822j:plain

八坂神社の「厄除ちまき」が入っていた袋(上写真)の裏側を見ると…

衹園祭の「ちまき」は洛北深泥(みどろ)ヶ池附近の農家の人々が山から笹をとり中味なしで巻いて作る。

とありました。山に入って笹をとってきて…手間暇かけて作られているんですね。大切に飾っておきます。