読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とこてく京都

京都の御朱印めぐりや、お店めぐりなど。京都とこてく。どこへゆく。

宝塔寺(京都市伏見区)の御朱印

御朱印 御朱印(寺院)(京都)

京都市伏見区にある「塔寺ほうとうじ)」の御朱印(御首題)です。山号は「深草山(じんそうざん)」。日蓮宗の寺院です。

門前の案内板によると、宝塔寺藤原基経が発願し、平安中期の昌泰2年(899)藤原時平が大成した真言宗極楽寺に始まるお寺。この極楽寺は『源氏物語』三十三帖の『藤裏葉』にも登場。のち鎌倉後期の徳治2年(1307)に時の住持・良桂(りょうけい)が日蓮上人の法孫である日像聖人に帰依し、日蓮宗に改めたのだそうです。

 

【御朱印(御首題)】

f:id:croissant-croissant:20140516201847j:plain

 

【境内】

f:id:croissant-croissant:20140516201343j:plain

「四脚門」(総門)は室町時代中期建立。重要文化財。左手に見えるのが以下の「源氏物語 藤裏葉の苑」。

f:id:croissant-croissant:20140516201336j:plain

f:id:croissant-croissant:20140516201337j:plain

源氏物語 藤裏葉の苑」。石像が表している人物は「夕霧」(右)と「雲居雁」(左)でしょうか? 石像の手前には平安時代の旧極楽寺礎石「伽藍石」がありました。

f:id:croissant-croissant:20140516201338j:plain

朱色が美しい「仁王門」。緑が仁王門の美しさを引き立てています。

f:id:croissant-croissant:20140703115421j:plain

仁王門の天井画も美しい。

f:id:croissant-croissant:20140516201341j:plain

元禄5年(1692)に創建された「太鼓楼」。よく見ると、太鼓が置いてありました。太鼓楼のその先は七面大明神を祀る「七面宮」の参道です。ここから100メートルほど山(七面山)を登ります。

f:id:croissant-croissant:20140516201342j:plain

緑の参道の奥に見えるのが「七面宮」です。