読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とこてく京都

京都の御朱印めぐりや、お店めぐりなど。京都とこてく。どこへゆく。

ガトーフェスタ ハラダの「グーテ・デ・ロワ ホワイトチョコレート」

その他

 f:id:croissant-croissant:20131020141910j:plain

「ガトーフェスタ ハラダ」のデパ地下出店を見かけると、ラスクを買い求める行列の一部と化してしまう。

ラスクの正式名称はガトーラスク「グーテ・デ・ロワ」。
フランス語で“王様のおやつ”=“お茶会”という意味を持つそうだ。
 
もちろん定番のラスクも美味しいけれど、昨年ホワイトチョコレートを身にまとったガトーラスク「グーテ・デ・ロワ ホワイトチョコレート」を食べて以来、そのあまりのおいしさにやみつきになってしまった。
 
ホワイトチョコレートの販売期間は10月から5月まで。
今月、ホワイトチョコレートの販売が始まり、ガトーフェスタ ハラダのデパ地下出店を見つけるや否や行列の最後尾に並び、ホワイトチョコレートを購入。

f:id:croissant-croissant:20131023120320j:plain

久しぶりのホワイトチョコレートは…
やっぱり…
うんまい!
 
ラスクの片面にホワイトチョコがコーティングされているのだが、このコーティングの厚みが結構ある。
もっとも厚みのあるところで大体4ミリくらい(おおよそです)。
実際に食べると、肉厚ならぬ“チョコ厚”が感じられる。

f:id:croissant-croissant:20131023120450j:plain

カリッカリ&サックサクの香ばしいラスク、コクのある甘さのホワイトチョコレートが絶妙なスイーツハーモニーを奏で、疲れなんか吹き飛んでしまうかのようなシアワセ感に包まれる。
ラスクにほんのり塩味が効かせてある?せいか、ホワイトチョコの甘さが引き立つ。
 
今回購入した2袋も、もう一枚、おかわり、おかわり…を続けていたら、まもなく完食。
もっと買い込んでおけばヨカッタ~!!  と思う反面、“おかわり感”が満たされないくらい、腹八分目がちょうどいい、次回も楽しめる秘訣なのかも。
 
グーテ・デ・ロワ ホワイトチョコレート、今回は!? 腹八分目で、また会う日まで…。
そんでもって次回は「グーテ・デ・ロワ プレミアム」(販売期間は11月から4月まで。これがまたうんまい!)との再会も楽しみに…。 
 
ガトーフェスタ ハラダ