とこてく京都

京都の御朱印めぐりや、お店めぐりなど。京都とこてく。どこへゆく。

平岡八幡宮(京都市右京区)の御朱印

京都市右京区梅ヶ畑に鎮座する「平岡八幡宮」。毎年、春と秋に本殿の「花の天井」(天井に描かれた極彩色の花図44面)が特別公開されています。今年、春の公開時に拝観してきました! 平岡八幡宮は今から1200年以上前の大同4年(平安初期:809)に創建された…

仁和寺(京都市右京区)の御朱印、桜風景(平成26年)

世界遺産、真言宗御室派総本山「仁和寺(にんなじ)」(京都市右京区)。仁和2年(886)第58代 光孝天皇の勅願で建立開始。光孝天皇の崩御により、先帝の遺志を継いだ第59代 宇多天皇が仁和4年(888)に完成させた寺院です。御本尊は阿弥陀三尊。春、境内で…

雨宝院(京都市上京区)の御朱印、桜風景

京都市上京区にある「北向山雨宝院(ほっこうざんうほういん)」の御朱印と桜風景です。写真は2014年4月中旬に撮影したもの。この日は御本尊の大聖歓喜天尊の御朱印をいただきました。このほか雨宝院では千手観音さまの御朱印もいただけます(以下をご覧くだ…

雨宝院(西陣聖天宮)(京都市上京区)の御朱印

京都市上京区にある「北向山雨宝院(ほっこうざんうほういん)」。通称は「西陣聖天宮(にしじんしょうてんぐう)」。門前の案内板によると、古義真言宗のお寺なのだそうです。御本尊は大聖歓喜天尊。境内にある「歓喜桜」や「観音桜」などの桜が美しいお寺…

醍醐寺(京都市伏見区)の御朱印と桜風景(2013)

世界遺産「醍醐寺(だいごじ)」(京都市伏見区)は真言宗醍醐派総本山。開基は理源大師聖宝。豊臣秀吉が「醍醐の花見」を行った桜の名刹として知られています。昨年の春、参詣時の桜風景と御朱印を紹介します。 醍醐寺の桜は「スゴイ!」のひと言に尽きます…

平安神宮周辺、琵琶湖疏水沿いの桜(2013)

先に「平安神宮」の桜風景と御朱印(以下)を紹介しました。 平安神宮(京都市左京区)の御朱印、桜風景(昨年) - とこてく京都 平安神宮周辺では、琵琶湖疏水(びわこそすい)沿いや蹴上(けあげ)インクラインなどで美しい桜風景が楽しめます。以下は昨年…

平安神宮(京都市左京区)の御朱印、桜風景(昨年)

今年の京都の桜の開花は4月に入ってからでしょうか? 今回は「平安神宮(へいあんじんぐう)」(京都市左京区)の「神苑(しんえん)」の桜風景と御朱印を紹介します(※桜風景は昨年3月末に撮影したものです)。 平安神宮は明治28年(1895)平安遷都1100年を…

ず~っとじ~っと見ていられるほどの美しさ…長徳寺 門前の「おかめ桜」

京阪「出町柳」駅の近くにある長徳寺(京都市左京区)。長徳寺 門前の「おかめ桜」が満開の花を咲かせています!(以下の訪問時時点)。ず~っとじ~っと見ていられるほどの美しさ…。「おかめ桜」の前にあった解説板によると、「イギリスのサクラ研究家イン…

「百万遍さんの手作り市」に行ってきました。

先週末、「百萬遍知恩寺」(京都市左京区)で毎月15日に開催されている「百万遍さんの手作り市」に行ってきました。手作り市には約350店の出店があり、およそ1万人の人出でにぎわうのだそうです(参考:以下「浄土宗大本山百萬遍知恩寺のホームページ」)。…

京都御苑の「梅林」

京都の梅の名所といえば…北野天満宮、随心院、さらに京都御苑の「梅林」も有名です。先日、京都御苑に梅を見にお出かけ。梅林に一歩足を踏み入れると「うわぁ!イイ香り!」と思わず声に出してしまうほど、そこにはさわやかで甘い梅の香りが漂っていました。…

北野天満宮の「梅苑」2014&御朱印

先日「北野天満宮のおもひでの梅の写真」を紹介しました。梅の写真を見ていると、どぉ~しても今年見に行きたくなり…(天気予報をチェックして)北野天満宮へ行ってきました! 以下、2014年の梅苑の風景を写真で紹介します。 梅苑、そして境内には約50種類、…