とこてく京都

京都の御朱印めぐりや、お店めぐりなど。京都とこてく。どこへゆく。

御朱印(寺院)(京都)

「京の冬の旅」で特別公開されている「妙心寺」塔頭「天球院」へ(御朱印と御朱印帳)

以前、「京都 いろいろ 梅だより。」で臨済宗妙心寺派の大本山「妙心寺(みょうしんじ)」(京都市右京区)の塔頭「天球院(てんきゅういん)」の境内風景を少し紹介しました。 3月18日まで「50回記念 京の冬の旅」が行われていて、妙心寺では「玉鳳院(ぎょ…

世界遺産「清水寺」「地主神社」(京都市東山区)へ(プラス、清水寺の御朱印、御朱印帳)。

先に紹介した「三猿」(見ざる、聞かざる、言わざる)に出会える「八坂庚申堂(やさかこうしんどう)」から世界遺産「清水寺(きよみずでら)」(京都市東山区)へ向かいました。 清水寺といえば、昨年11月末「『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』風神雷神…

至るところで「三猿」(見ざる、聞かざる、言わざる)に出会える! 「八坂庚申堂(金剛寺)」(京都市東山区)へ(プラス、御朱印)。

今年の干支「申」にちなんだ寺社めぐり、とこてくとこてく続きます。まずはじめに…いつもながら写真が多くなりますこと、ご容赦くださいm(__)m 今回は日本三庚申(※1)、京の三庚申(※2)のひとつ「八坂庚申堂(やさかこうしんどう)」(京都市東山区)へ。…

「六波羅密寺」(京都市東山区)で「皇服茶(おうぶくちゃ)」「弁財天吉祥初稲穂」をいただく。

昨年末「六波羅密寺(ろくはらみつじ)」(京都市東山区)で行われた「空也踊躍(ゆやく)念仏(かくれ念仏)」の模様をお届けしました。 年明け、あらためて六波羅密寺へ。今回は…「皇服茶(おうぶくちゃ)」、そして「弁財天吉祥初稲穂」をいただきに訪れ…

「六波羅密寺」(京都市東山区)の「空也踊躍念仏(かくれ念仏)」へ(+御朱印)

先日「六波羅密寺(ろくはらみつじ)」(京都市東山区)を訪れ、「空也踊躍(ゆやく)念仏(かくれ念仏)」(重要無形民俗文化財)を見てきました。 ※以下、写真が多くなりますこと、ご容赦くださいm(__)m ▲六波羅蜜寺の入口へ向かう。上写真は2015年8月、「…

紅葉を訪ねて。「永観堂」(京都市左京区)の紅葉風景(と御朱印)

師走、紅葉シーズンは終わってしまったかも?…。来年の紅葉めぐりの参考に…引き続き、紅葉の名刹を訪ねて。 今回は京都市左京区にある「永観堂(えいかんどう)」の紅葉風景をお届けします。「秋は紅葉の永観堂」といわれる紅葉の名所です。 永観堂は浄土宗…

紅葉を訪ねて。「光悦寺」(京都市北区鷹峯)の紅葉風景(と御朱印)

紅葉を訪ねて…続きます<(_ _)> 過日、京都市北区鷹峯にある「源光庵」の紅葉風景をお届けしました。「源光庵」のほど近くに「光悦寺」「常照寺」といった紅葉の名所があります。3ヶ寺とも歩いてスグのところです。 ※前述しましたが、鷹峯方面に行くなら事前…

紅葉を訪ねて。「宝厳院」(京都市右京区)の紅葉風景(と御朱印)

引き続き、紅葉リポートです。今回は「宝厳院(ほうごんいん)」(京都市右京区嵯峨天龍寺)の紅葉風景をお送りします。 宝厳院は臨済宗天龍寺派の大本山、世界遺産「天龍寺(てんりゅうじ)」の塔頭寺院です。山号は「大亀山(だいきざん)」。御本尊は十一…

紅葉を訪ねて。「霊鑑寺」(京都市左京区鹿ヶ谷)の紅葉風景(と御朱印)

引き続き、紅葉の名刹を訪ねて…。 私は「霊鑑寺(れいかんじ)」(京都市左京区鹿ヶ谷)の紅葉風景が好きです。オススメです。…なんですが、今年はやっぱり暖かかったせいか、色づきが遅い感じがしました(T-T) 霊鑑寺の紅葉風景を紹介する前に… 「哲学の道」…

紅葉を訪ねて。「法然院」(京都市左京区鹿ヶ谷)の紅葉風景(と御朱印)

引き続き、紅葉の名所です。紅葉シーズン中にできる限り、アップしていきたいと思います。紅葉シーズン…今週末、来週末まで持てばイイな^^; 今回は京都市左京区鹿ヶ谷(ししがたに)にある「法然院(ほうねんいん)」の紅葉風景です。 法然院は浄土宗系の単…

紅葉の名所「源光庵」(京都市北区鷹峯)へ。

はや、紅葉シーズン。長らくブログをお休みしていました。なんのご挨拶もなく、誠に申し訳ございませんでした。 紅葉の名所「源光庵(げんこうあん)」(京都市北区鷹峯)へ。鷹峯(たかがみね)といえば…今年「琳派400年」で注目のスポットですね。 ※元和元…

西国三十三所第19番札所「革堂(こうどう)」(京都市中京区)の御朱印、境内風景

京都市中京区にある「革堂(こうどう)」の御朱印と境内風景です。参詣したのは6月上旬、境内にはアジサイが咲いていました。 「革堂」は通称で、山号は「霊麀山(れいゆうざん)」、寺号は「行願寺(ぎょうがんじ)」。天台宗の寺院です。平安中期、行円(…

開基は聖徳太子。「六角堂(頂法寺)」(京都市中京区)の御朱印、境内風景

先日は「六角堂(ろっかくどう)」(京都市中京区)でしか買えない「へそ石餅」を紹介しました。今回は六角堂の御朱印、境内風景をお届けします。六角堂の山号は「紫雲山(しうんざん)」、寺号は「頂法寺(ちょうほうじ)」。聖徳太子による創建と伝えられ…

通称・だんのうさん、招き猫の印がめずらしい「壇王法林寺」(京都市左京区)の御朱印

「だんのうさん」という通称で親しまれている「壇王法林寺(だんのうほうりんじ)」(京都市左京区)の境内風景と御朱印を紹介します。「平成27年度 春季 京都非公開文化財特別公開」開催期間に拝観しました(特別公開は終了)。 壇王法林寺の正式名称は「朝…

浄土宗七大本山のひとつ、京都守護職本陣旧跡、「金戒光明寺」(京都市左京区)の御朱印

「黒谷(くろだに)さん」という通称で親しまれている「金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)」(京都市左京区黒谷)の境内風景と御朱印を紹介します。過日「平成27年度 春季 京都非公開文化財特別公開」(既に終了)で「山門」の楼上内部を拝観してきました…

世界文化遺産「清水寺」(京都市東山区)の御朱印、御朱印帳

世界文化遺産「清水寺(きよみずでら)」(京都市東山区)へ。清水寺は北法相宗の総本山。山号は音羽山。奈良時代の宝亀9年(778)、延鎮上人によって開創されました。 【境内風景】 「仁王門」。(写真には写っていませんが)清水寺はいつも多くの参拝者で…

嵯峨釈迦堂「清凉寺」(京都市右京区)の御朱印

しばし「ブログアップ、今になってしまいました」シリーズですm(_ _)m。「嵯峨釈迦堂(さがしゃかどう)」という通称で親しまれている「清凉寺(せいりょうじ)」(京都市右京区)の御朱印を紹介します。参拝したのは(随分前)去る3月15日「涅槃会」と「お…

国の天然記念物「九重桜」ほか、桜の名木がある「常照皇寺」(京都市右京区京北井戸町)の御朱印

ブログアップ、今になってしまいました^^; 去る4月11日、国の天然記念物「九重桜(ここのえざくら)」を愛でに「常照光寺(じょうしょうこうじ)」(京都市右京区京北井戸町)へ。…なんですが、当日は雨模様で悲しいかな、うまく写真が撮れていませんでしたT…

「真如堂(真正極楽寺)」(京都市左京区)の「大涅槃図」特別公開へ(2)~御朱印、「涅槃の庭」ほか

「真如堂(しんにょどう)」(京都市左京区)の「大涅槃図」特別公開へ、パートツー。特別公開は今月31日まで行われています。拝観すると「花供曽(はなくそ)」もいただけます^^ 紅葉の名所として知られている「真如堂」。正式名称は「鈴聲山 真正極楽寺(…

「東福寺」(京都市東山区)の「涅槃会」へ(2)~涅槃会で授与される「花供御(はなくそ)」

「東福寺」(京都市東山区)の「涅槃会」へ(1)に続き、パートツーです。参拝当日、涅槃会の期間、特別に授与されている「花供御(はなくそ)」を購入。「えっ!!!」と思わず耳を疑ってしまうユニークな読み方ですが^^;; 本当に「花供御」=「はなくそ」と読…

「東福寺」(京都市東山区)の「涅槃会」へ(1)~御朱印と御朱印帳、境内風景

先々週末「東福寺(とうふくじ)」(京都市東山区)の「涅槃会(ねはんえ)」へ。今回はパートワンとして御朱印、御朱印帳を紹介します。 涅槃会は3月14日から16日までの3日間行われました(毎年お釈迦様が亡くなられた旧暦2月15日前後に行われるそうです)…

だるまさんがいっぱい! 通称・だるま寺「法輪寺」(京都市上京区)の御朱印

「達磨寺(だるま寺)(だるまでら)」という通称で親しまれている「法輪寺(ほうりんじ)」(京都市上京区)の御朱印を紹介します。 法輪寺は臨済宗妙心寺派に属する寺院。江戸中期の享保12年(1727)万海慈源和尚による創建。境内「起き上がり達磨堂」には…

小野小町ゆかりのお寺、梅の名所「随心院」(京都市山科区)の御朱印

平安前期の歌人であり、“絶世の美人”といわれる小野小町。小野小町といえば、小倉百人一首 第9番『花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに』(ながめせしまにぃぃぃ)が有名ですね。※個人的には「花の色は うつりにけりな …」と…

「京都十二薬師霊場」の12ヵ寺の御朱印、御朱印帳(公式納経帖)

過日「壬生寺(みぶでら)」を取り上げた際、同寺は「京都十二薬師霊場」第4番札所であることを取り上げました。今回「京都十二薬師霊場」、12ヵ寺の御朱印と霊場巡りの専用御朱印帳(公式納経帖)を紹介します。※以下いずれも以前頂戴した御朱印です。写真…

「寂光院」(京都市左京区大原)の御朱印

引き続き、以前頂戴した御朱印を取り上げます。今回は京都市左京区大原にある「寂光院(じゃっこういん)」の“荘厳な御朱印”です。寂光院の山号は「清香山(せいこうざん)」、寺号は「玉泉寺(ぎょくせんじ)」。推古2年(594)聖徳太子が父・用明天皇の菩…

「壬生寺」(京都市中京区)の御朱印、節分会限定御朱印、御朱印帳

「壬生寺(みぶでら)」(京都市中京区)の「厄除け節分会」に行ってきました。壬生寺は律宗(南都六宗の一つ)の大本山。平安中期の正暦2年(991)「園城寺(三井寺)」(滋賀県)の快賢(かいけん)僧都によって創建されました。御本尊は延命地蔵菩薩(重…

「妙心寺」(京都市右京区)の御朱印、妙心寺「三門」の御朱印

「第49回 京の冬の旅」で特別公開されている臨済宗妙心寺派の大本山「妙心寺」(京都市右京区)の「三門」(重文)を拝観してきました。※三門…禅宗寺院の仏殿前にある門。三解脱門(空門、無相門、無作門)。 楼上内部は飛龍や天女などが描かれた極彩色の空…

「頂妙寺」(京都市左京区)の御朱印

今回は「第49回 京の冬の旅」で特別公開されている日蓮宗本山の一つ「頂妙寺(ちょうみょうじ)」(京都市左京区)の御朱印です。頂妙寺は先に紹介した「本法寺」(京都市上京区)と同じく「琳派400年」を記念して公開されています。 &amp;amp;amp;amp;amp;a…

妙心寺塔頭「衡梅院」(京都市右京区)の御朱印

「第49回 京の冬の旅」で特別公開されている妙心寺塔頭「衡梅院(こうばいいん)」(重文)(京都市右京区)を拝観してきました。門前の案内板によると、衡梅院は妙心寺第6世雪江宗深(せっこうそうしん)禅師の塔所(はかどころ)。禅師は応仁の乱によって…

建仁寺塔頭「霊源院」(京都市東山区)の御朱印

「第49回 京の冬の旅」で特別公開されている建仁寺塔頭「霊源院」(京都市東山区)へ。実は、霊源院を拝観するのは2013年11月に行われた「特別公開と文化財高精細複製品展示」以来、今回で2度目。その折は国宝『上杉本 洛中洛外図屏風』(高精細複製品)など…