とこてく京都

京都の御朱印めぐりや、お店めぐりなど。京都とこてく。どこへゆく。

御朱印

豊臣秀吉を祀る「豊国神社」(京都市東山区)へ。月命日御朱印/刀剣御朱印/御朱印帳ほか

今回は豊臣秀吉を祀る「豊国神社(とよくにじんじゃ、ほうこくじんじゃ)」(京都市東山区)をガイド。豊国神社では旧暦8月18日が豊臣秀吉の命日に当たることから9月18日に「例祭」が、翌日19日、茶道・薮内流家元による「献茶式」が行われます(詳細はご確…

「真宗佛光寺派 本山佛光寺(仏光寺)」(京都市下京区)へ。心和む“手描きイラスト”御朱印(プラス、境内のセレクトストア&カフェ)。

今回は、京都市下京区にある「真宗佛光寺派 本山佛光寺(ぶっこうじ)」をガイド。佛光寺は京都市の繁華街、ビルや店々が立ち並ぶ「四条通」や「烏丸通」からそれぞれ何筋か通りを奥へ入ったところにあります。観光寺院ではありませんが、気軽に立ち寄って参…

国宝「岩清水八幡宮」(京都府八幡市)の「八」の字が「双鳩」御朱印

今回は京都府八幡市の「男山(おとこやま)」に鎮座する「岩清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)」の境内風景と…「八」の字が「双鳩(そうきゅう)」御朱印を紹介します。 ※なお、“「八」の字が「双鳩」御朱印”は当方が便宜上、呼称しているものです<(_ _)…

五山の送り火~通称「大文字寺(浄土院)」(京都市左京区)の「大文字」御朱印

昨日も少し写真で紹介しました(山鉾(「休み山」を含む)35基の御朱印めぐり〜祇園祭2016 - とこてく京都)。8月16日は「五山の送り火」でした。夕方からにわか雨が降り、まもなく小雨になったので…もしかしたら止むかも?と思いきや、甘かったですね…。大…

山鉾(「休み山」を含む)35基の御朱印めぐり〜祇園祭2016

お盆も終わろうとしています。今日8月16日は「五山の送り火」です。 ▲昨年撮影。「大文字」。 五山の送り火からの…過ぎし7月の話^^;;になってしまいましたが<(_ _)> 今回も「八坂神社」(京都市東山区)の祭礼「祇園祭」です。「前祭(さきまつり)」「後祭…

京の夏の寺社めぐり。「六道珍皇寺」~「京都五条坂 陶器まつり」~五条坂に鎮座する「若宮八幡宮」(プラス、御朱印)。

今回は祇園祭ネタ…ではありません^^; 久しぶりに御朱印を紹介します。 先日、京都市東山区にある「六道珍皇寺」、そして「京都五条坂 陶器まつり」へ。六道珍皇寺では毎年8月7日から10日までの4日間「六道まいり」(※後述)が行われ、また六道珍皇寺近くの「…

学問の神様「北野天満宮」散歩〜“七不思議”のひとつ“大黒様”に出会う。

京都市上京区に鎮座する全国天満宮の総本社「北野天満宮(きたのてんまんぐう)」。御祭神は菅原道真公。学問の神様としてあつく信仰されています。これまで何度も取り上げてきましたが^^;; このほかの見どころを…。※御朱印と御朱印帳は過去記事で紹介してい…

“勝運”と“馬”の神社「藤森神社」(京都市伏見区)の「紫陽花まつり」へ(プラス、御朱印)

京都市伏見区に鎮座する「藤森神社(ふじのもりじんじゃ)」の「紫陽花まつり」へ。同社については今年1月に少し紹介しました(「御神猿(真猿)」が安置されている「新日吉神宮(いまひえじんぐう)」(京都市東山区)へ(プラス、御朱印)。 - とこてく京…

法華宗本門流大本山「本能寺」(京都市中京区)の「信長公忌」へ(プラス、御朱印)。

去る6月2日、「本能寺の変」が起こった日、京都市中京区にある法華宗本門流大本山「本能寺(ほんのうじ)」で「信長公忌」が行われ、参拝してきました。 ※「本能寺」の「能」の部分、過去度重なる火災に遭ったことから「ヒ(火災)」を嫌い、以下の寺標に見…

東福寺塔頭「勝林寺」(京都市東山区)の花風景(プラス、御朱印)。

京都市東山区にある臨済宗東福寺派大本山「東福寺」の塔頭(たっちゅう)寺院「勝林寺(しょうりんじ)」へ。この日、境内ではきらきらと輝く雨のしずくをまとった瑞々しい花々に出会えました。雨と花々が織り成す風景は、清らかで、美しく、うっとり…。 ※以…

「下御霊神社」(京都市中京区)の「還幸祭」へ(プラス、御朱印)。

先日「御霊神社(ごりょうじんじゃ)(上御霊神社)」(京都市上京区)の「御霊祭」の模様、及び、境内風景をお送りしました。 「御霊神社」(京都市上京区)の「御霊祭」へ(プラス、御朱印) - とこてく京都 「御霊神社」の境内風景と、御霊神社の名物「水…

藤の種類の多さ、日本一!「藤まつり」(岡山県和気町・藤公園)へ、そして「和気神社」の御朱印

過ぎし5月のこと。岡山県和気町の「藤公園」で行われた「藤まつり」へ(※既に藤まつりは終了しています)。この公園では藤の開花時期、全国各地から収集された約100種の藤が見られ、“藤の種類の多さ、日本一!”なのだそうです。なかには天然記念物に指定され…

臨済宗妙心寺派大本山「妙心寺」(京都市右京区)の塔頭「大雄院」特別公開へ(プラス、御朱印)。

去る4月中旬から5月下旬までのおよそ1ヵ月間、京都では「春の京都 禅寺(ぜんでら)一斉拝観」が行われました(※一斉拝観は既に終了)。臨済宗の宗祖・臨済義玄(りんざいぎげん)禅師1150年遠諱(おんき)と、日本臨済宗中興の祖・白隠慧鶴(はくいんえかく…

「御霊神社」の境内風景と、御霊神社の名物「水田玉雲堂」さんの「唐板」。

過日、「御霊神社(ごりょうじんじゃ)」(京都市上京区)の「御霊祭」の模様をお送りしました。今回は御霊神社の境内風景、また鳥居前にある文明9年(室町中期:1477)創業の老舗「水田玉雲堂(みずたぎょくうんどう)」さんの「唐板(からいた)」を紹介し…

「御霊神社」(京都市上京区)の「御霊祭」へ(プラス、御朱印)

京都市上京区に鎮座する「御霊神社(ごりょうじんじゃ)」の「御霊祭」へ。御霊祭は毎年5月18日に行われます。御霊神社は京都市中京区に鎮座する「下御霊(しもごりょう)神社」に対して(位置的に)「上御霊(かみごりょう)神社」とも称されています。※以…

「大田神社」(京都市北区)の「国の天然記念物 カキツバタ群落」へ(プラス、御朱印、“御はんかち”)

新緑の、それはまばゆい季節がやってきました。四季折々の寺社風景を見てきて、実は(!?)新緑の季節の寺社風景が一番キレイなのではないか?と思う今日この頃(^-^) 五月晴れの青空の下、生き生きと萌える新緑に包まれた寺社建築…さらに力強さを感じるのでし…

紅葉を訪ねて。「永観堂」(京都市左京区)の紅葉風景(と御朱印)

師走、紅葉シーズンは終わってしまったかも?…。来年の紅葉めぐりの参考に…引き続き、紅葉の名刹を訪ねて。 今回は京都市左京区にある「永観堂(えいかんどう)」の紅葉風景をお届けします。「秋は紅葉の永観堂」といわれる紅葉の名所です。 永観堂は浄土宗…

紅葉を訪ねて。「光悦寺」(京都市北区鷹峯)の紅葉風景(と御朱印)

紅葉を訪ねて…続きます<(_ _)> 過日、京都市北区鷹峯にある「源光庵」の紅葉風景をお届けしました。「源光庵」のほど近くに「光悦寺」「常照寺」といった紅葉の名所があります。3ヶ寺とも歩いてスグのところです。 ※前述しましたが、鷹峯方面に行くなら事前…

紅葉を訪ねて。「宝厳院」(京都市右京区)の紅葉風景(と御朱印)

引き続き、紅葉リポートです。今回は「宝厳院(ほうごんいん)」(京都市右京区嵯峨天龍寺)の紅葉風景をお送りします。 宝厳院は臨済宗天龍寺派の大本山、世界遺産「天龍寺(てんりゅうじ)」の塔頭寺院です。山号は「大亀山(だいきざん)」。御本尊は十一…

紅葉を訪ねて。「霊鑑寺」(京都市左京区鹿ヶ谷)の紅葉風景(と御朱印)

引き続き、紅葉の名刹を訪ねて…。 私は「霊鑑寺(れいかんじ)」(京都市左京区鹿ヶ谷)の紅葉風景が好きです。オススメです。…なんですが、今年はやっぱり暖かかったせいか、色づきが遅い感じがしました(T-T) 霊鑑寺の紅葉風景を紹介する前に… 「哲学の道」…

紅葉を訪ねて。「法然院」(京都市左京区鹿ヶ谷)の紅葉風景(と御朱印)

引き続き、紅葉の名所です。紅葉シーズン中にできる限り、アップしていきたいと思います。紅葉シーズン…今週末、来週末まで持てばイイな^^; 今回は京都市左京区鹿ヶ谷(ししがたに)にある「法然院(ほうねんいん)」の紅葉風景です。 法然院は浄土宗系の単…

紅葉の名所「源光庵」(京都市北区鷹峯)へ。

はや、紅葉シーズン。長らくブログをお休みしていました。なんのご挨拶もなく、誠に申し訳ございませんでした。 紅葉の名所「源光庵(げんこうあん)」(京都市北区鷹峯)へ。鷹峯(たかがみね)といえば…今年「琳派400年」で注目のスポットですね。 ※元和元…

祇園祭~「神幸祭 神輿渡御(しんこうさい みこしとぎょ)」

これまで7月17日に行われた「八坂神社」(京都市東山区)の祭礼「祇園祭」の「前祭 山鉾巡行(さきまつり やまほこじゅんこう)」の模様をお届けしてきました。今回は前祭巡行が終わった日(7月17日)の夕方から深夜にかけて行われた「神幸祭 神輿渡御(しん…

西国三十三所第19番札所「革堂(こうどう)」(京都市中京区)の御朱印、境内風景

京都市中京区にある「革堂(こうどう)」の御朱印と境内風景です。参詣したのは6月上旬、境内にはアジサイが咲いていました。 「革堂」は通称で、山号は「霊麀山(れいゆうざん)」、寺号は「行願寺(ぎょうがんじ)」。天台宗の寺院です。平安中期、行円(…

もうすぐ祇園祭! 「八坂神社」(京都市東山区)の祇園祭絵馬、限定御朱印、境内風景ほか

もうすぐ「祇園祭」です^-^ 祇園祭は7月1日から31日まで1ヵ月に渡って行われる「八坂神社」(京都市東山区)の祭礼です。先日、八坂神社を訪ねたところ、「祇園祭」の“大型絵馬”(以下写真)を発見しました。境内風景とともに紹介します^^ 【祇園祭 絵馬】 …

開基は聖徳太子。「六角堂(頂法寺)」(京都市中京区)の御朱印、境内風景

先日は「六角堂(ろっかくどう)」(京都市中京区)でしか買えない「へそ石餅」を紹介しました。今回は六角堂の御朱印、境内風景をお届けします。六角堂の山号は「紫雲山(しうんざん)」、寺号は「頂法寺(ちょうほうじ)」。聖徳太子による創建と伝えられ…

酒造の神様、「松尾大社」(京都市西京区)の境内風景~その1

酒造の神様「松尾大社」(京都市西京区)の境内風景をお届けします。松尾大社のご由緒は…境内の案内板によると、 大宝(たいほう)元年(701)に秦忌寸都里(はたのいみきとり)が、松尾山大杉谷の磐座(いわくら)の神霊を勧請(かんじょう)し、秦氏の氏神…

京都洛西の総氏神、醸造祖神「松尾大社」(京都市西京区)の御朱印、御朱印帳、境内風景

京都洛西の総氏神、醸造祖神「松尾大社(まつのおたいしゃ)」(京都市西京区)の境内風景と御朱印、御朱印帳を紹介します。※境内風景は以降、数回に分けてアップしますm(_ _)m 【御本殿、御朱印】 ※以前いただいた御朱印を含みます。 御本殿(重要文化財)…

「梅宮大社」(京都市右京区)で花菖蒲とアジサイ観賞(その1)

今週末は「梅宮大社(うめのみやたいしゃ)」(京都市右京区)へお出かけ。花菖蒲とアジサイを観賞してきました。写真が多くなりましたので、数回に分けて紹介します。第1弾は、境内風景、ネコちゃんをはじめ、花菖蒲とアジサイほか、お花の写真。 第2弾へつ…

通称・だんのうさん、招き猫の印がめずらしい「壇王法林寺」(京都市左京区)の御朱印

「だんのうさん」という通称で親しまれている「壇王法林寺(だんのうほうりんじ)」(京都市左京区)の境内風景と御朱印を紹介します。「平成27年度 春季 京都非公開文化財特別公開」開催期間に拝観しました(特別公開は終了)。 壇王法林寺の正式名称は「朝…

浄土宗七大本山のひとつ、京都守護職本陣旧跡、「金戒光明寺」(京都市左京区)の御朱印

「黒谷(くろだに)さん」という通称で親しまれている「金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)」(京都市左京区黒谷)の境内風景と御朱印を紹介します。過日「平成27年度 春季 京都非公開文化財特別公開」(既に終了)で「山門」の楼上内部を拝観してきました…

世界文化遺産「清水寺」(京都市東山区)の御朱印、御朱印帳

世界文化遺産「清水寺(きよみずでら)」(京都市東山区)へ。清水寺は北法相宗の総本山。山号は音羽山。奈良時代の宝亀9年(778)、延鎮上人によって開創されました。 【境内風景】 「仁王門」。(写真には写っていませんが)清水寺はいつも多くの参拝者で…

源義経、奥州平泉へ旅立ちの地「首途八幡宮」(京都市上京区)の御朱印

源義経、奥州平泉へ旅立ちの地「首途八幡宮(かどではちまんぐう)」(京都市上京区)の御朱印と境内風景です。「首途」と書いて「かどで」と読み、「出発」を意味するのだそうです。 首途八幡宮のもともとの社号は「内野八幡宮」。この地には金売吉次(かね…

男山に鎮座する「石清水八幡宮」(京都市八幡市)の御朱印

先にご紹介した通り、5月上旬、「平成27年度 春季 京都非公開文化財特別公開」で御本殿の文化財が公開されていた「石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)」(京都市八幡市)へ(※注:特別公開はすでに終了しています)。御本殿では、織田信長寄進による「…

「今宮神社」(京都市北区)の「やすらい祭」限定御朱印

去る4月12日「今宮神社(いまみやじんじゃ)」(京都市北区)の「やすらい祭」へ。 【やすらい祭 限定御朱印】 やすらい祭の「花傘」のカタチに似せて「むらさきの」と墨書されています。 御朱印の吸い取り紙(写真左)にも「花傘」が描かれています。 ※ほか…

嵯峨釈迦堂「清凉寺」(京都市右京区)の御朱印

しばし「ブログアップ、今になってしまいました」シリーズですm(_ _)m。「嵯峨釈迦堂(さがしゃかどう)」という通称で親しまれている「清凉寺(せいりょうじ)」(京都市右京区)の御朱印を紹介します。参拝したのは(随分前)去る3月15日「涅槃会」と「お…

国の天然記念物「九重桜」ほか、桜の名木がある「常照皇寺」(京都市右京区京北井戸町)の御朱印

ブログアップ、今になってしまいました^^; 去る4月11日、国の天然記念物「九重桜(ここのえざくら)」を愛でに「常照光寺(じょうしょうこうじ)」(京都市右京区京北井戸町)へ。…なんですが、当日は雨模様で悲しいかな、うまく写真が撮れていませんでしたT…

金運、良縁、厄除、学芸の神様「車折神社」(京都市右京区)の御朱印

「車折神社(くるまざきじんじゃ)」(京都市右京区)の御朱印を紹介します。御祭神は平安後期の儒学者・清原頼業(きよはらのよりなり)公。金運、良縁、厄除、学芸の神様として信仰されています。その社号の由来は後嵯峨天皇が嵐山・大堰川(おおいがわ)…

桜の名所「平野神社」(京都市北区)の御朱印、御朱印帳

桜の名所「平野神社(ひらのじんじゃ)」(京都市北区)の御朱印、御朱印帳を紹介します。境内には約50種、約400本の桜が植えられています。今年参拝時にはまだつぼみの桜が多かったけれど、早咲きの桜が楽しめました♪ 毎年4月10日には「桜花祭」が行われま…

「真如堂(真正極楽寺)」(京都市左京区)の「大涅槃図」特別公開へ(2)~御朱印、「涅槃の庭」ほか

「真如堂(しんにょどう)」(京都市左京区)の「大涅槃図」特別公開へ、パートツー。特別公開は今月31日まで行われています。拝観すると「花供曽(はなくそ)」もいただけます^^ 紅葉の名所として知られている「真如堂」。正式名称は「鈴聲山 真正極楽寺(…

「東福寺」(京都市東山区)の「涅槃会」へ(2)~涅槃会で授与される「花供御(はなくそ)」

「東福寺」(京都市東山区)の「涅槃会」へ(1)に続き、パートツーです。参拝当日、涅槃会の期間、特別に授与されている「花供御(はなくそ)」を購入。「えっ!!!」と思わず耳を疑ってしまうユニークな読み方ですが^^;; 本当に「花供御」=「はなくそ」と読…

「東福寺」(京都市東山区)の「涅槃会」へ(1)~御朱印と御朱印帳、境内風景

先々週末「東福寺(とうふくじ)」(京都市東山区)の「涅槃会(ねはんえ)」へ。今回はパートワンとして御朱印、御朱印帳を紹介します。 涅槃会は3月14日から16日までの3日間行われました(毎年お釈迦様が亡くなられた旧暦2月15日前後に行われるそうです)…

「新京極商店街」(京都市中京区)で1社、7ヵ寺めぐり! 商店街オリジナルの御朱印帳

「新京極商店街」(京都市中京区新京極通三条~四条間。全長約500m)では「京都 新京極 御朱印めぐり」が行われています。御朱印めぐりは商店街にある1社、7ヵ寺、すなわち「誓願寺」(落語発祥の寺、芸道上達の寺)、「誠心院」(和泉式部ゆかりの寺)、「…

スポーツの守護神「白峯神宮」(京都市上京区)の御朱印、御朱印帳

スポーツの守護神として知られる「白峯神宮(しらみねじんぐう)」(京都市上京区)の御朱印と御朱印帳を紹介します。 白峯神宮の御祭神は崇徳天皇、淳仁天皇。明治元年(1868)、父・孝明天皇の遺志を継承した明治天皇による創建。平安末期「保元の乱」によ…

病気平癒の神様「西院春日神社(春日神社)」(京都市右京区)の御朱印、御朱印帳

京都市右京区に鎮座する「西院春日神社(さいいんかすがじんじゃ)(以降「春日神社」)と境内摂社「還来(もどろき)神社」、境外別宮の「野々宮(ののみや)神社」の御朱印、そして春日神社のオリジナル御朱印帳を紹介します。 春日神社は平安初期の天長10…

方除け、厄除けの神様「大将軍八神社」(京都市上京区)の御朱印、御朱印帳

方除け、厄除けの神様「大将軍八神社(だいしょうぐんはちじんじゃ)」(京都市上京区)の御朱印を紹介します。 大将軍神社の歴史は延暦13年(794)にさかのぼります。桓武天皇の勅願により、都城の“方除守護神”として大内裏の北西(陰陽道の天門)の地に星…

だるまさんがいっぱい! 通称・だるま寺「法輪寺」(京都市上京区)の御朱印

「達磨寺(だるま寺)(だるまでら)」という通称で親しまれている「法輪寺(ほうりんじ)」(京都市上京区)の御朱印を紹介します。 法輪寺は臨済宗妙心寺派に属する寺院。江戸中期の享保12年(1727)万海慈源和尚による創建。境内「起き上がり達磨堂」には…

「今宮神社」(京都市北区)の“5面御朱印”“2面御朱印”(※注)、御朱印帳

「今宮神社(いまみやじんじゃ)」(京都市北区)で頂戴した“5面御朱印”および“2面御朱印”(※注)を紹介します。(※注)“5面御朱印”および“2面御朱印”はあくまでも個人的な、便宜上のネーミングですm(_ _)m(以降記事中も同じく)。 平安期以前から今宮神社…

御祭神は菅原道真公、梅の名所「北野天満宮」(京都市上京区)の「梅苑」で観梅、そして御朱印

先週末(3/8)、梅の名所として有名な「北野天満宮」(京都市上京区)を訪れ、観梅を堪能しました♪ 北野天満宮は平安中期、天暦元年(947)の創建。御祭神は菅原道真公、中将殿(ちゅうじょうどの)(道真公長男)、吉祥女(きっしょうじょ)(道真公夫人)…

「京都御苑」(京都市上京区)の梅林(+御苑内に鎮座する厳島神社、宗像神社、白雲神社の御朱印)

先々週末は「観梅デー」(先週末も「観梅デー」^^;)。先にお届けした「梅宮大社」(京都市右京区)(前回記事:その1、その2)ほか、とこてくとこてく寺社を巡り…その後、夕暮れ時「京都御苑」(京都市上京区)の「梅林」へ。 ■「堺町御門」から「梅林」へ…